複数の民間検定試験がある

ネイル

特徴と選び方

ネイルを楽しむ人は非常に多く、趣味から仕事にしようと考える人も多くいます。ネイリストになるのに、特別な資格は必要ありません。無資格でもネイリストと名乗れば開業したり仕事をしたりすることはできます。ですが数多くあるネイルサロンの中で、無資格の人を選ぼうと思う人は多くないでしょう。またサロンへの就職をしてから開業しようと思う人も多いですが、サロンでは何らかのネイル検定を取っていることを条件としているところが大半です。ネイル検定は現在の日本では民間資格のみとなっています。大きな試験から小さな試験まで、様々な試験がありますが、主に二つの試験が一つの基準として使われています。一つ目が日本のネイリスト協会が実施しているネイル検定で、受検者数が比較的多く知名度が高いという特徴があります。難易度もそこまで高くないので、ネイルスクールなどで基礎をきちんと学んだ人なら合格する可能性は高いでしょう。三級から一級まであり、三級は趣味程度の人でも合格する可能性がありますが、二級以上はネイルスクールなどで学んでいないとかなり難しいです。サロン就職を目指すなら二級以上の取得が一つの目安です。次に国際的な団体が主催しているネイル検定があります。こちらは受検者数は多くないのですが、比較的難易度が高く難しいことで知られています。アート的な側面ではなく、衛生面などを重視しています。取得すればサロン就職はかなり有利になるでしょう。就職したいサロンによってはネイル検定の種類が指定されていることもあるので、それを基本として選ぶとよいでしょう。

Copyright© 2018 ネイル検定ならスクールが一番|試験の内容の傾向と対策が立てやすい All Rights Reserved.